読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライのおうち

ITで生活を豊かに。 デジタルツールを使ったり使わなかったりして子育てや生活を楽しくするための方法をいろいろ模索しているmikiyokoのブログです。

自宅のミニチュアを作ろう

近日引越しを予定している我が家ですが、現在の家は実家から持ってきた家具やら後から買い足した家具やら色々あり、引越し先に何を持っていってどこに設置するか日々悩んでおります。

そこで、簡単にiPhoneで間取りを作って色々家具を置いたりシミュレーションできる「Home Design」というアプリがあったので、早速活用してみることにしました。

まずはこんな感じで、サンプルで入っている図面を参考にしたいと思います。

特に専門知識必要なく、指を滑らせて簡単に部屋を作成できて、寸法もいじれます。

壁から壁まで、壁から扉まで、壁から家具まで、など、様々な距離関係を自動で計算してくれるので、とても配置がしやすいです。

それである程度できたら、3Dボタンを押すと、こんな感じに立体に!

3D画面では、壁や床、家具などの色・素材も変更できますし、季節や時間帯の変更ができ光の入り具合も変えられます。

さらに、先ほどの上から見た様子のみならず、地面に足をつけてウォークスルー(歩き回り)もできます。すごいバーチャル感!

ちなみに、現在我が家の懸案事項の一つとして、子供部屋の2段ベッドをどう置くか問題があります。

しかし自分の家を模したこのデータを使えば、右に置くか左に置くか、簡単に移動させて検討できます。

こんな大きいもの、実際に動かすと大変だしね!

イメージがとてもしやすいです。

子供の寝かしつけをしながら指先でちょちょちょっと図面が作れてそれが立体になるなんて、なんて素敵な時代なんでしょう!

引越し前にじっくりレイアウトを考えられます。

ここまでできてこのアプリのお値段は私にとってはすごく安く感じました。昔ならこんな高機能なもの1万円は超えてたぞ。(多分)

※こちらはフルバージョンの有料版 

Home Design 3D GOLD

Home Design 3D GOLD

  • Anuman
  • 仕事効率化
  • ¥1,200

 

※こちらは無料版。作成データの保存はできないけど、どんな使い勝手かはわかります。  

Home Design 3D - Free

Home Design 3D - Free

  • Anuman
  • 仕事効率化
  • 無料

 

ちなみに、図面を作るだけなら、こっちの「Magic Plan」というアプリの方が断然使いやすかったです。

MagicPlan

MagicPlan

  • Sensopia
  • ユーティリティ
  • 無料

カメラを通して自動的に間取りを作ってくれるすごい技術が使われてます。

事前に紙やデータなどで間取り図を持っていたら、それを元に作成もできます。

もちろん家具の配置なども、3Dにできないだけで平面図でできますので、インテリアレイアウトの検討にもつかえます。

もし3Dにしなくてもいいや、という方なら、図面の作りやすさはこちらの方が私は良かったので、両方無料で試せますし、気になる方は比較検討してみてください。

 

引越し終わっても模様替えに使えたり、出先で、この家具我が家に入るかしら?とかすぐに確認できたり、手元にミニチュアの我が家がある感じで活躍の場は広がりそうです。

自分の理想の家もいつか妄想で作ってみたいですわあ。