ミライのおうち

ITで生活を豊かに。 デジタルツールを使ったり使わなかったりして子育てや生活を楽しくするための方法をいろいろ模索しているmikiyokoのブログです。

探し物、失くし物を無くそう スマートタグのお話

みなさん、物をなくしたり探したりすることありますか?

私は本当によくあります。

私の中でよく探すものをランキングにするならばこんな感じです。

  1. iPhone:ちょっと目を離したすきになくなる
  2. 財布:カバンを変えるとなくなる
  3. イヤホン:あっちこっちでいなくなる
  4. 鍵:今は携帯で開け閉めすることが多いから使用頻度低く、たまになくなる

こういったものを探す時間を積算すれば、まさにチリも積もればで結構無駄な時間だなと思うわけです。

時間を買うつもりでスマートタグを導入

そこで、すぐに探せるツールとして、スマートタグという、タグ(キーホルダー的やつ)を導入することにしました。私が買ったのはこのTrackR(トラッカール)という製品です。 

なかなか個人的には良かったので整理します。 

大まかな特徴

大きさは100円玉くらいの小さい丸い筐体で、できることはざっくりこんな感じ。

 

  • スマホから操作して、タグを鳴らしたり光らせたりすることができる
  • タグ側からスマホを探すことも可能(ボタンを押すとスマホがなる)
  • 電池の入れ替えも可能(ボタン電池CR2016)
  • スマホから離れた場合はクラウドロケートという仕組みで追跡可能
  • 複数のタグを一つのアプリで管理可能(いろんなものにつけることができる)
  • スマホとタグが離れたらアラート(置き忘れ防止)

 

このタグを、鍵のキーホルダーにつけたり、お財布に入れたり、カバンにつけたりと手軽につけることができます。 

 

私がTrackRを選んだ理由

実はこのジャンルは今世の中にたっくさんあって、見比べてるうちにわけわからなくなってしまうのですが、色々な要素でTrackRにしました。(あくまで個人的な感想です)

  • 電池の入れ替えができる
    メーカーによっては電池交換ができず使い捨てのものもあるので、長く使い続ける時にはとても安心です。あと最近気付いたのですが、どういうわけか電池が切れそうになると無料で送ってくれるサービスもありました。こちら後述。
  • アプリが小慣れてる
    実は結構前から前世代のを使ってたのですが、色々アプリとかも洗練とされてきていて使いやすくなっていて好感が持てます。
  • ユーザーが増えてクラウドロケートできる範囲が増えてきた
    ユーザーが多ければ多いほどメリットがあるクラウドロケート。後で説明入れます。
  • アレクサと連携
    これはアプリの方の機能ですが、iPhoneもAlexa経由で呼び出すことができて超絶ありがたいです。スマートタグを持っていなくても、Alexaユーザーならアプリだけ入れておいて損無いかも。

クラウドロケートって?

クラウドロケートとは、TrackRアプリをいれているユーザーで作るネットワークです。
TrackRの付いたアイテムの近くを、他のTrackRユーザー(TrackRアプリをバックグラウンドで起動中の人)が通ると、スマホに通知が届きTrackRの位置情報がわかる仕組みです。共に匿名管理なので、誰が(何が)どこにいるというのはわからないようになっています。

あくまで人(が持っているスマホ)が動く基地局になっているようなものなので、すれ違わなければ一向に位置情報はわからないのですが、たとえば落とした鍵の近くをTrackRユーザーが通れば、鍵の位置が持ち主の自分からわかる、という感じです。

この機能はいろんなメーカーが採用していますが、まさにユーザー数が多ければ多いほどエリアカバー力が広がるので、利用者が多いネットワークに属した方が利便性は高いです。

TrackRの日本におけるユーザー分布はこんな感じで広がってはいますが、やはりというべきか東京が密度濃い感じです。

thetrackr.carto.com

 

スマホとタグの連携

さて、先ほどあげた機能の特徴について、画面をみながら紹介させてもらいます。

TrackR (トラッカール)

TrackR (トラッカール)

  • PhoneHalo
  • 仕事効率化
  • 無料

まずアプリはこんな感じで、タグの位置が表示されます。 

この「検索を開始する」をクリックすると、Bleutoothの範囲にあれば音と光でタグがアピールしてくれます。シンプルな操作ですぐ呼び出せるし、なかなかの音量なので、結構見つけやすいです。

ちなみに、登録した分だけ一つのアプリで確認できます。 

タグ側のボタンを押すと、逆にiPhoneの方で音がなります。

もろもろ探したいシチュエーションの設定ができます。

 

試しにお出かけしてた時の記録をクラウドロケートで追ってみたところ、何回か捕捉されていたことがわかります。(もちろん、すれ違った人からはこちらの情報はわかりませんし、こちらからも相手はわかりません。)

 

 

電池切れしても電池がタダで送られてきた

ちなみに、クラウドロケートを使ってたせいかすぐに電池がなくなってしまい、市販のボタン電池を購入しようと思い立った時、ふとTrackRのアプリ画面を見ると、電池が切れたタグにこんな表記があるじゃないですか!

こちら、バッテリ残量が少なくなってから無くなるまでの間表示されるボタンのようで、早速押してみるとアメリカのAmazon.comに接続され、無料で電池が購入できました。

日本だけどいいの?と思ったのですが、1週間ちょっとするとポストに投函されてました。

こんなちゃんとした紙に、

電池が一個だけ!

届くまで時間はかかるので、もうすぐ電池無くなるよ?の時に頼んでおいた方がいいですね。

ちなみに注文中になるとボタンが変わり、連続して注文できないようになっています。

 

ただ、タグごとに発注できるし、また電池がなくなってきたら発注ボタンが現れるので、これはすごいありがたいな、と思いました。

ってか月額課金とかじゃ無いのにどうやってこのコスト出し続けるつもりなんだろう。一時的なキャンペーン?謎です。

スマートスピーカー Amazon EchoのAlexaも連携

音声でスマホを呼び出せる機能です。地味にこれも嬉しいです。

「アレクサ、トラッカールでスマホを探して」

アレクサちゃん「あなたの携帯を鳴らしています」

iPhone「たらたらたりらん」

これはスマホアプリ側の機能で、鍵とかについたタグは音声では呼び出せないようなのですが、iPhoneをなくしがちな私には、Apple Watchでの呼び出しよりも手軽なので家の中では重宝してます。

 

以上、TrackRへの愛を整理しました。

同じような探し物の悩みを持つ方の参考になれば幸いです。

(置き場所を決めるとか、そういうライフハックをやれって?タグが使えないものにはそうするよ!)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TRACKR 〔iOS/Androidアプリ〕 紛失防止タグ TrackR pi...
価格:2883円(税込、送料別) (2018/1/28時点)