ミライのおうち

ITで生活を豊かに。 デジタルツールを使ったり使わなかったりして子育てや生活を楽しくするための方法をいろいろ模索しているmikiyokoのブログです。

Appleの大型発表会「WWDC17」を自分目線でまとめてみた

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Ficulture.textopus.nl%2Fwp-content%2Fuploads%2F2016%2F12%2Fwwdc-2017-logo.jpg&twidth=1200&theight=1200&qlt=80&res_format=jpg&op=r

私はApple製品が大好きです。

そのため、Appleが新製品だったり新サービスを発表するときは、自分なりにまとめるのが習慣となっています。

6/6の早朝にアメリカで、Appleの開発者向けのイベント「WWDC17」(World Wide Developer Conference、いわゆる世界中から開発者が集まる会議)というのが開催され、そこでAppleからいろんな新製品だったり新機能だったり発表がありました。

それを、私目線でまとめてみました。

HomePod

音声アシスタントのSiriが使える据え置きスピーカーです。
スピーカーに話しかけることでいろんな頼みごとができます。

・音楽再生や天気、ニュースの読み上げや、HomeKit経由の家電操作などができるそうです。今まではiPhoneとかを手で持ちHey Siri!と話しかけてたけど、手ぶらでできるのは便利!

・スピーカーとしても高性能に
 7方向に向いているツイーターや全方向スピーカーを搭載し、部屋の環境や置かれた場所などを自動で認識して、最適な広がりのあるオーディオを実現するそうです。

すでに世に出ている音声アシスタントスピーカーのAmazon EchoやGoogle Homeとの違いとしては音楽再生デバイスとしてもちゃんと使えるというところかな?

・はじめは英語しか使えず、アメリカ、イギリス、オーストラリアで、349ドルで12月に発売開始とのこと。日本語対応および日本での発売は未定みたいです。

・我が家の中心に据えさせたいです。今回の発表の中で一番欲しい!

www.apple.com

 

iOS11

iPhoneやiPadに搭載される予定の最新OSも色々アップデートがありました。

・Siri
使うごとに学習し、より自然な会話ができるように。
翻訳機能(β)が追加され、英語の発声をリアルタイム翻訳する機能を搭載。まずは英語から中国語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語への翻訳が、アプリを必要とせずに可能となるそうです。まさにほんやくコンニャク!日本語も早く対応して欲しい!
また、メッセージでやりとりしている最中に、相手が「どこまで行くの?」と聞いてきた場合、カレンダー上の情報から行き先を調べ、回答の候補を表示するなど、状況によってはバックグラウンドでエージェント機能が動作するようになるそうです。すごい!

・カメラアプリ

写真や動画の容量は小さくクオリティは向上!
ポートレートモード、Live Photoもアップデート。

・AppStore(アプリをダウンロードするときのアプリ)
ゲームやToday(本日のアプリ)など、タブで分かれる新デザイン。
さらにアプリの使い方のヒントやコツもみれるなど、様々な新機能が加わります。

・コントロール・センター
画面の下からスライドして出すコントロールセンターが、デザインが刷新されて全機能が1ページにまとまった表示に。ユーザーによるカスタマイズも可能となり、3D Touchが使える機種ではプレス操作によってツールが拡大するなど、より素早く操作ができる工夫がされています。

・マップ
ショッピングモール内のフロア地図、検索などが可能。日本ではどうだろう?

・AirPlay 2
複数のスピーカーを制御可能に。

・Apple Music
聞いた曲の好みをSiriが学習することで、Siriが推定した好みの曲をかけてくれる「自分専用のDJ」に。
アプリ内で友達がきいている曲もチェック可能。

・Apple Pay
アメリカでは個人間での支払いをメッセージアプリを通じてできるようになるそうです。日本では使えるようになるのかな。法律の壁がありそうだけど、飲み会の会費払いとかにすごく使えそう。

・ARKit
これまで現実画面(背景)との合成などで複雑な処理が必要だったARアプリを、開発者がより素早く作れるようになります。どんなアプリが出て来るのか楽しみです。

・iPad向け機能
複数のアプリを切り替えながら使うマルチタスクのための機能がさらに強化されました。Dockや、ドラッグ&ドロップでの画像コピー、さらにはファイル管理アプリまで搭載します。

・対応機種

iPhoneは5s以降、iPadはAir以降と第5世代、そしてiPad Pro全モデル。iPad miniは2以降、そしてiPod Touchは第6世代のみとなるそうです。

・一般ベータ版は6月末リリース

www.apple.com

 

macOS High Sierra(ハイ・シエラ)

新しいmacOSです。今回はかなりOSの根幹の部分のアップデートが多いので、全体的な使い勝手の向上が期待できそうです。
・セキュリティ機能向上
・いろんな処理速度向上
・写真、動画の品質アップ
・VRに最適化した Metal for VR を追加。VRヘッドセットに対応。
・一般ベータ版は6月末リリース

www.apple.com

 

watchOS 4

時計型端末、Apple Watch用のOSです。

・新盤面では、Siriの機能を使ってユーザーに必要な情報を自動で表示してくれるそうです。
例えば時間や場所、状況に応じて、ユーザーが今何を必要としているのか、それをSiriが考えて自動で盤に表示するとのこと。
これ、前々から欲しい機能だったんですよね。いちいち調べなくても、先回りして情報が欲しいなと。
私はカレンダーだったりリマインダーだったり住所情報だったり色々いれてあるので、それをどんな風に調理してくれるのかすごく楽しみです。

 ・アクティビティ
パーソナライズされた今日の目標や、もう少しで達成しそうなチャレンジなどをお知らせしてくれるそうです。
最近いろんなサービスでダイエットやトレーニングを管理するアプリがありますが、Appleがいろんなデータをとりまとめて出してくれるのはすごく便利そう。データも見やすい!

 ・9月リリース予定

www.apple.com

 

ハードウェア:パソコン編

下記マシンが性能アップしてリニューアルしました。
・MacBook Pro
・MacBook 12インチ
・MacBook Air
・iMac
下記は新しいカテゴリとして追加です。もりもりのハイスペックマシン、という位置付けのようです。
・iMac Pro

www.apple.com

 

ハードウェア:iPad編

今までは9.7インチと12.9インチの2サイズのラインナップだったものが、10.5インチと12.9インチのラインナップになりました。
ディスプレイと処理速度の性能がアップしてます。
また、専用のキーボードに日本語配列のものができたのが地味に嬉しいです。(しかし私が持っている9.7インチのにはない。。。)

www.apple.com

 

以上まとめでした!