ミライのおうち

ITで生活を豊かに。 デジタルツールを使ったり使わなかったりして子育てや生活を楽しくするための方法をいろいろ模索しているmikiyokoのブログです。

iPhone Xの楽しみ方:裸は怖い

iPhone Xは美しいです。

ガラスでサンドされたその筐体は、みていてうっとりしっぱなしの芸術品です。

しかしやはり傷は怖い。

はっきり言ってなにも守るものなく使うのは、私には勇気が必要です。

そこで、なるべくデザインを損なうことなく使えるケースや保護フィルムを探している最中ですが、いかんせん、まだ発売直後で選択肢が少ない。。。

それぞれ使う人のニーズもあると思いますが、参考までに私が使っているものをメモです。

保護フィルム

ガラス製のフィルムです。

今回画面を守る上で重視したのは、操作性を損なわないこと。

液晶画面より少し小さいものだと恥の方で指がフィルムにひっかかったり、境界線がみにくくなったりとデメリットがあるため、なるべく端までしっかりカバーして且つ段差がないようにしたいところです。

しかし恥の方は少し曲面になっているため、ガラスでおおうのがなかなか難しいところではあるのですが、この商品は、画面とベゼル(縁)でそれぞれ二種類の素材を使うことで、段差無く、且つ画面全体を覆うことができるようになっています。

使ってみて、個人的に違和感は特になしです。

 

 保護ケース

なるべく元のデザインを生かしたい、ということで透明のケースです。

この製品はiPhone Xの背面に接する部分に細かな凸凹のエンボス加工がされているので、吸着ジミみたいのが発生しないため、後ろ姿もするんとした印象です。

ケースは今後いろいろ出て来たとき心移りすることを想定して、安めにしておくと気が楽ですね。(と言いつついつも買い換えないまま使ってることが多いですが)

以上です。

 

iPhone X 関連リンク

mikiyoko.hatenablog.com

 

mikiyoko.hatenablog.com